2017.07.29-08.01 鵜住居の未来フォーラム&見て歩き

2017.07.31 鵜住居の未来フォーラム
2016年9月に行われた模型ワークショップの結果報告などについて、神戸大学、岩手大学から話題提供を行いました。

第一部として防災ジャンボかるた大会を行い、鵜住居の小学生たちとかるたを通じて災害への備えを学びました。
防災かるたのイラストは研究室の学生1人1人が描いたものです。


第二部では、神戸大学工学研究科の槻橋修 准教授より「2016年に開催した震災前の鵜住居地区のまちの模型ワークショップ結果報告」
      岩手大学教育学部社会学研究室の麦倉哲 教授より「災害検証と災害文化の『再構築』 一人ひとりの災害検証を通じた復興のまちづくり」
      神戸大学都市安全研究センターの北後明彦教授より「地盤特性に基づいた安心安全な家づくり等について」
 といった話題について講演していただいたのち、質疑応答を行いました。

参加していただいた住民の方々と共に、学生も交えながら鵜住居の将来についての意見交換を行い、班ごとに発表していただきました。

2017.07.29-08.01 見て歩き







Comments